白馬バックカントリースキーガイド

白馬バックカントリースキー&登山ガイドいたします!

*

ひゅーまんふぁくたー

   

やってしまった!

皆が集まるとわかっていて来てしまった(笑)

ゴン降りどパウ!

忘れかけていた冬がそこにはあった。

リフトで一緒になったパウダーロッジコルチナの主とやっと来た冬を喜び合う。

んが、来週ま~た死亡宣告出てるのよね。

二周目に久しぶりの裏ッコルへ。

人、人、人、ひとおおおお~!!!

変に雪を崩して塞いでしまったので、ちょっとしたダムのようになった渡渉はエキストリーム!

豪快にばっしゃんとひっくり返る外人も。

危ないんで除雪して水の流れを作り、減水させてクリア。

次から次へと来る外人で大渋滞(笑)

大人数、同時滑走、ここはもはや無法地帯だった。

きっと、もう行かないかもしれない(笑)

もう、静かな森に行きたい!

ギャンブルじゃ~と、下見無しの出たとこ勝負。

モルモットになってしまったのは初参加の女子二人(笑)

まだ不慣れなスプリットでしこたま歩かされたのは某DBDエリアを管理するチームの一人。

誰も居ない雪風呂に案内しましたので許してください(笑)

こちらは某妙高のガイド養成学校卒。

ガイド資格はあるが今はカタギだそーです(笑)

ボトムはめんどくさいのがわかっていたのである程度で登り返して帰るつもりだった。

時間的にも降りたらハマるだろうとわかっていた。

んが、美味しそうな斜面の誘惑に負けてしまった!

「これが、ヒューマンファクターです」(笑)

暗くなっても遭難はありませんので大丈夫です!と、説明し、ヒャッホーしてしまった!

2人とも良いスプレーを上げてヒャッホーしてくれた。

が、きっと終わりに記憶に残るのはめっちゃ歩かされたというやられた記憶、やっぱりジョニーはろくでもなかったと言う事実だけだろう(笑)

ボトムに降りると神のトレースが!

勝った!やった!と、思ったのも束の間、数十メートル先でトレースを必死に伸ばしていたのは〇モーゾーンだった(笑)

渡渉あり~の、シールで下りラッセルのフルコース(笑)

何とか林道まで出るも、昨日まで積雪0センチだった所には降りれる気がしないので延々と林道を〇もさんと交代でラッセル開始(笑)

先行で道路にたどり着き、タクシーを呼ぶと言う〇モーゾーン。

まだゲストはかなり遅れて来そうだったので自分は車を取りに行けんじゃね?と、昔のコースをえっちらおっちら。

冬は毎日ラッセルや、やらかしたり、遠出したりと消費カロリーが激しいので11月頭には75キロ近くある体重も今や64キロと、勝手にシックスパッドになってたりするのだ(笑)

何とか暗くなる前に戻れました!

「こんなに歩いたのは初めて、もう歩けません」(笑)

やらかしてすいませんでした~。

せっかく今日はメインラインでは珍しい、女子二人でハッピーツアーだったのに(笑)

今日はぐっすりお休みください!

〇もさん、Rさん、トレース、ゲストフォロー、スペシャルサンクスでした~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 白馬バックカントリースキー日記

コメントを残す

  関連記事

今季初の八方二周!

ストーム後のピーカン、ドキドキしながら向かった八方。 今日、お仕事してた方、すい …

週末立山ツアー

週末の立山、天気とゲストに恵まれてサイコーでした! ガイドが遅刻は絶対にでき~ん …

まったりツアー

集合場所から一度は南を目指したものの、どー見ても風ボーボー! これはリフト動かん …

初栂池BC

放射冷却が決まった朝だった。 おかげでハイエースのスライドドアがどーしても開かな …

もうちょっと!

  麓は全然積ってませんでしたが山の上には上質なパウダーがありました。 …

平和な一日

んん??何だこれ?デジャブ?? まさかもう一回ここに来ることになるとは(笑) 私 …

パウダー祭り

悩んだ末に一番効率が良さそうな八方へ。 先ずは駐車場の確保から。ええ、貧乏人は有 …

絶景ランチ

本日はプライベートガイドで場所も指定。 景色だけはサイコーだが・・・。 春の雪虫 …

風を避けて

昨日の今日でアルパインは風が吹くから怖い。 底付きするかしないかのギリギリライン …

撮影!

撮影に誘って頂き、降ってる方のお山へ。 朝は晴れていましたが予報どおりに雪が降り …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。